2017年04月15日

エアーストッキング(素足)のパーフェクトフィット


だから、やっぱり私はエアーストッキング(素足)と言えば、パーフェクトフィットのブロンズだわっという人も少なくないようです。

エアーストッキング(素足)は自分自身もストッキングを履いているような感触が味わえると言われています。
最近では、プレミアシルクだの、ダイヤモンドレッグスだの、ジュエルジュエルだのと、様々なシリーズのエアーストッキング(素足)がラインナップされています。
そういう人たちから顰蹙を買わないようにするためにも、オーソドックスなパーフェクトフィットはちょうどいいのかも知れません。
たぶん、たぶんですよ、これはあくまでも私の個人的主観なんですけどね、エアーストッキング(素足)ってなに、それって言う人も結構いますよね。
そういう人の目には、パーフェクトフィットなら、もしかしたら生足だって分からないんじゃないかなぁって思います。エアーストッキング(素足)と言えばパーフェクトフィット、もう定番中の定番ですよね。
だけど、私の場合は、残念ながらエアーストッキング(素足)でそういうストッキングを履いている感触というのはあまり実感出来ないんですよね。
だから、なるべくもう足にもメイクをしている事が分かるようにした方が素直だと思うの。
それも、テラコッタでは勿論濃すぎるし、ナチュラルでも薄すぎ。
よくは分からないけど、ほら、生足でも毛穴や傷を隠して綺麗に見せたいっていう女性の願望に応えるアイテムっていうのかなぁ。
でも、どれも基本は原点のパーフェクトフィットにある訳じゃないですか。
ただ、そうなると、よけいに元祖パーフェクトフィットこそが、最もよく使えるエアーストッキング(素足)っていう事になるんだなぁ、これが・・・。
だって、もともとエアーストッキング(素足)っていうのは、そういう発想から生まれたものなんでしょう。
私にもやっぱり、パーフェクトフィットのブロンズが最もよくフィットするエアーストッキング(素足)になっています。

エアーストッキング(素足)はコストパフォーマンスが悪いって思っておられる方も少なくないようですが、決してそんな事はないと思いますよ。
まずエアーストッキング(素足)にはそういう心配がないし、携帯用を持ち歩く事で、いつでも簡単に補修する事が出来ます。
なので、食わず嫌いはNG、まだ試した事のない方は、一度試してみる位は試してみられてもいいのではないでしょうか。
エアーストッキング(素足)、特にパーフェクトフィットの事なら、ファッション関連のブログやサイトで調べても、結構分かると思いますよ
posted by トリトン at 15:28| 美脚!エアーストッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。