2017年04月19日

美脚!エアーストッキング

確かに生足だと、ネールは楽しめるんだけど、毛穴の黒ずみが目立つし、後、怪我をしたり脱毛したりして傷がある時には、やっぱりその部分の見栄えが悪い。
ところが、日本ではもう実際に10年近くも前から普及しているこのエアーストッキング(素足)を知らない日本人も少なくないと言います。
そこで、エアーストッキング(素足)を使う事によって、そうした部位を綺麗にフォロー出来るという訳です。
ネールカラーが本格的にブームを迎え、足の指にも施すようになった頃から、このエアーストッキング(素足)も注目を集めるようになったのではなかったかと私は思います。
ちょうど2003年頃から2005年頃にかけては、とくに雑誌やなんかでよく取り上げられていましたからね。
だけど、それは自分が当時もうすでにアラサー世代だったからの感覚だったらしく、エアーストッキング(素足)で会社に来ている後輩も何人か存在しました。エアーストッキング(素足)が中国でも人気になりつつあるという事、皆さんはご存じですか。
シューッと全体に振りかける事によって、足をコーティングし、ストッキングを履いているように見せかけられるフットコスメの一種なんですよね。
それまで夏場は生足にミュールサンダルというのが最もおしゃれだと言われていたんですよね。
けれど、このエアーストッキング(素足)の出現により、そのおしゃれ幅がさらに広がりました。
中国でもし本格的なブームになった暁には、先行していた日本にいる私たちが知らないというのは少々恥ずかしいもの。
まあね、流石におしゃれに敏感な方やその世代の女性なら、聞いた事位はある名前でしょう。

エアーストッキング(素足)の中には、美脚に見えるとか、本当にストッキングを履いているような感触があるというものも少なくありません。
ただ、エアーストッキング(素足)はあくまでもストッキングではなくコスメの部類ですからね。
基本的には、やっぱストッキングを使う方がより確実に足をフォロー出来、手間もコストもずっとイージーです。
でも、開放感やネールアートを満喫したい方には、きっとエアーストッキング(素足)は貯まらなく魅力的なアイテムなのでしょう。
発売当初から今日まで、ずっと愛用し続けている人も少なくはないようです。
因みに、このエアーストッキング(素足)、中国では「空气」と呼ばれているそうですよ。
まあ私的には、遊びでなら問題ないだろうけど、仕事やフォーマルの場に使うのはねぇっていう感覚もなくはなかったですよ。
posted by トリトン at 09:41| Comment(1) | 美脚!エアーストッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。